【2019年冬ドラマ】「沙粧妙子」がセリフに出てくるあたりが最高な『メゾン・ド・ポリス』

『メゾン・ド・ポリス』を視聴。

 

過去に起きた事件の模倣犯が出没し、昔の話を聞きたくて、当時の犯人を逮捕した夏目(西島秀俊)に会うべく、新人刑事の牧野ひより(高畑充希)がある豪邸を訪れる。

夏目からはあっさりあしらわれるものの、そこで出会った謎のおじさまたちが、その話を聞いてなぜか張り切り出す。

というのも、この豪邸は元警察官たちが共同生活を送るシェアハウスだったから。

そして新人刑事とおじさんと、渋々夏目も協力して、事件解決のため捜査することになる。

 

事件自体は1話完結もの。

でも、捜査一課の主任まで務めたエリート刑事だった夏目がどうして警察を辞めたのか、そして、ひよりが刑事を目指した理由は何なのか。それが全話通して語られていく物語になっているよう。

 

1話完結だけど全編を通して主人公や主要キャストが抱えている謎を解き明かしていくのはありがちなストーリーだけど、このドラマの魅力は登場人物のキャラクターの濃さ。

 

ひよりが戸惑うことを気にせず、捜査についてどんどん話を進めてしまう伊達(近藤正臣)、やたらとキザな藤堂(野口五郎)、熱血漢で昔気質の迫田(角野卓造)、やたらとご陽気で捜査にあまり役立ってないのにはしゃぐ高平(小日向文世)、捜査に嫌々協力してる割に、犯人を前にしたり、捜査中にはつい刑事の顔になってしまう夏目。

しかも夏目は事件の推理中はアイロンがけをするという謎のルーティーンが入るのがおもしろい。

 

そして、事件が解決したらシェアハウスは「スナック完落ち」と化し、打ち上げをするところも味わい深い。

 

お酒のシーンで「先輩の言うことは絶対だろ」というセリフがあったのは、気になったけど、空気が読めないことの象徴とするのならご愛嬌(だからといってリアルな場ではそんなこと言っちゃダメだと思うけど)。

 

個人的に一番グッときたのは、鑑識にいる先輩・杉岡(西田尚美)から飲みに誘われて何で警察官になったのか問われたときに、ひよりが「ドラマです」と答えたシーン。

そこで杉岡から「ストロベリーナイトとか?」と聞かれるんだけど、「沙粧妙子のほう」と答えていたのが、もう!

 

設定してるひよりの年齢的に絶対リアルタイムでみてないと思うのに、そんなカルト的ドラマのタイトルを答えさせるのが最高。

しかしなぜ『ストロベリーナイト』出したのかなって思ったら、演出の佐藤祐市さんが『ストロベリーナイト』の演出を担当していた。

だから、今回も西島さんが出ていたのかと納得。

 

次回も気になるドラマ。

 

メゾン・ド・ポリス 退職刑事のシェアハウス (角川文庫)

メゾン・ド・ポリス 退職刑事のシェアハウス (角川文庫)

 

 

 

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村