【2019年の大河ドラマ】サブタイトルが物語を占う?『いだてん』

follow us in feedly

1話をみて、その物語を分析してみたとき、サブタイトルが文学のタイトルになっていると書いた。

 

文字通りの内容のときも出てきそうだが、2話「坊っちゃん」は、金栗家の“坊っちゃん”である四三と美濃部家の“坊っちゃん”である孝蔵の生い立ちを比較しつつ、“坊っちゃん”の作者である漱石が四三の故郷・熊本にいた(そして四三も幼少期会っていた?嘉納治五郎の代わりにだっこされていたのかも……?)ということを描いていた。

 

だから、もしかしたらサブタイトルがその回の内容を象徴する何かを描くのかもしれないし、そもそも文学のタイトル(3話は雑誌だが)をサブタイトルとして採用しているというシャレがおもしろい。

 

ということで、『いだてん』のサブタイトルとその引用元について、リンクで恐縮だが、紹介していく。

今のところ、放送するごとに更新予定。

 

【1話(1/6放送)】

夜明け前

 

 

【2話(1/13放送)】

坊っちゃん

 

坊っちゃん (新潮文庫)

坊っちゃん (新潮文庫)

 

 

【3話(1/20放送)】

冒険世界

 

【4話(1/27放送)】

小便小僧

※ここは小説、雑誌絡みではない!

 

【5話(2/3放送)】

雨ニモマケズ

 

 

【6話(2/10放送)】

お江戸日本橋

※こちらは民謡と柴田錬三郎の小説がある。

 

お江戸日本橋(上) (講談社文庫)

お江戸日本橋(上) (講談社文庫)

 
お江戸日本橋(下) (講談社文庫)

お江戸日本橋(下) (講談社文庫)

 

 

【7話(2/17)】

おかしな二人

※こちらも小説絡みではなく演劇。

 

ニール・サイモン〈1〉おかしな二人 (ハヤカワ演劇文庫)

ニール・サイモン〈1〉おかしな二人 (ハヤカワ演劇文庫)

 
おかしな二人 [DVD]

おかしな二人 [DVD]

 

 

【8話(2/24)】

敵は幾万

※こちらは軍歌が元ネタ。

 

敵は幾万

敵は幾万

 

 

【9話(3/3】

さらばシベリア鉄道

太田裕美の楽曲のタイトル。ちなみに作詞・松本隆、作曲・大瀧詠一。ちなみにちなみに大瀧詠一がセルフカバーもしている。

 

さらばシベリア鉄道

さらばシベリア鉄道

 

 

【10話(3/10放送)】

真夏の夜の夢

ユーミン!と言いたいところだけど、きっとシェイクスピア

 

 

【11話(3/17放送)】

百年の孤独

ガブリエル・ガルシア=マルケスの小説のタイトル。

 

百年の孤独 (Obra de Garc´ia M´arquez)

百年の孤独 (Obra de Garc´ia M´arquez)

 

 

【12話(3/24放送)】

太陽がいっぱい

アラン・ドロン主演映画のタイトル。

 

太陽がいっぱい 最新デジタル・リマスター版 [DVD]

太陽がいっぱい 最新デジタル・リマスター版 [DVD]

 

 

 

【プロフィール】

togawa hikari

ライター。
連絡などはInstagramTwitterへ。
https://www.instagram.com/caririkacari
https://twitter.com/hikarilylyly

 

 


ドラマランキング

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村