【媒体掲載】クドカン(宮藤官九郎)脚本映画についてまとめました

タイトルの通りですが、宮藤官九郎が脚本を手がけた映画についてまとめた記事を書きました。

「3つの法則」という視点から脚本の傾向を分析しつつ、どんな作品があるのかまとめてみたのでよかったらご覧ください。

ちなみに、このたくさんの作品の中で何度も見返したいと思ったものはいくつかありますが、個人的に観ていて一番ワクワクしたのは、伏線の張り方や時間軸のずらし方といった物語の仕掛けが凝っていた『謝罪の王様』です。

謝罪の王様

謝罪の王様