【感想記】「火花」のあのオチを映像で観てみたら

「火花」の大オチが映像化したときにどうなってるのか突然気になって、録画しっぱなしで放置していたドラマの最終話だけ観てみた。

 

火花 (文春文庫)

火花 (文春文庫)

 

そうしたら、肝心のシーンよりも全体的に結構ジワジワっとくるものがあった(特に大オチ前の主人公・徳永にとっての重要なシーン)。

 

小説読んだときは正直おもしろさがよくわからなかったんだけど、映像化されて恥ずかしいながらようやくわかった気がする。

それとともに、林遣都くんって、『バッテリー』のときはただのイケメン枠だった気がするのに、そこからどんどん経験積んでいつの間にか演技がひかる実力派俳優になっていたことを改めて実感。

 

バッテリー [DVD]

バッテリー [DVD]

 

しかし、板尾さんが監督で、菅田将暉が徳永で桐谷健太が神谷って、映画版はどうなっちゃうんだろう。最終話みただけなのに、ドラマ版でかなり満足だったからなぁ。

ちなみにドラマ版の監督は『ヴァイブレータ』とか、『軽蔑』、『ストロボ・エッジ』とかを撮っている廣木隆一監督です。

 

ヴァイブレータ スペシャル・エディション [DVD]

ヴァイブレータ スペシャル・エディション [DVD]

 

 

軽蔑 ディレクターズ・カット [DVD]

軽蔑 ディレクターズ・カット [DVD]

 

 

ストロボ・エッジ DVD 通常版

ストロボ・エッジ DVD 通常版