読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『君の名は。』を分析してみました

僭越ながら『君の名は。』についてこんな記事を書かせていただきました。

filmaga.filmarks.com

 

作品について私なりにどうやって解釈すればいいのか分析してみた記事です。

きっと共感できる部分・できない部分あると思いますが、作品を深掘りするきっかけになれば幸いです。

 

ちなみに、書きたかったけど原稿にうまく入れられなかったことが2点。

ひとつは、三葉と父との距離が近づくことも描いているという話。もうひとつはどうして瀧が入れ替わりに選ばれたのかという話。

 

以下ネタバレも多少含まれるので、読みたくない人は読まないでください!

ヒロイン・三葉の父は、もともと三葉の母・二葉の家に入って家業(神社)を手伝っていたのですが、二葉が亡くなったことで、家を出て行ってしまいます。そのため、三葉たち姉妹とは別居中。三葉は祖母・一葉と暮らしています。

父が町長であることで、まわりから冷たい目で見られたり、父が出ていった理由(神社の伝統に寄り過ぎた慣習や婿なこともあり家に居づらい、もっと権力ある仕事に就きたいなど……)もなんとなくわかるだけに、距離を置いている三葉。

でもどうしてもどうしても成し遂げたいことができたので、ようやく父に歩み寄った三葉が描かれています。

君の名は。』は、離れていた距離が近づく話でもあるので、その三葉と父の関係の近づき方もさり気ないけどうまく描かれていると感じたところです。

 

あとは、どうして入れ替わった相手が瀧だったか。

三葉は慣習に基づいた家業の手伝い(巫女になって儀式を執り行ったりしています)や父の町長再選のための選挙運動のせいで余計学校で後ろ指をさされがちになり肩身の狭い思いをしなければならない……といった狭いコミュニティの中で自分が置かれた環境がどうしても嫌で「東京のイケメンになりたい!」と叫ぶシーンがあります。

ではなぜ瀧が選ばれたのか……という点は明確には描かれていないので、あくまでも私の勝手な想像ですが、瀧は瀧で東京の生活に飽きていたんではないかなと。

友達、カフェめぐり、バイト、憧れの先輩。一見何でも揃っているように見えるけれど、なんだか刺激が足りない。

具体的なシーンはなかったのですが、三葉と入れ替わる前の日にどうやら瀧はバイト中に誰かとケンカしたようで、顔に傷をつけているんです。

しかも三葉が瀧になって初めてバイトした日に、憧れの先輩・奥寺ミキから「ケンカっ早い」といった言葉をかけられています。

ということはやっぱり日常に何か苛立っているというかそんな思いも抱えている気がするんです。

また中盤に三葉がいた地のスケッチをするシーンがあり、建築に関心があるという発言もしている瀧。都会とはまた違う風景を見てみたいという欲が無意識にあったんじゃないかなとも考えられます。

そこで、都会に行きたい三葉、田舎を見てみたい瀧が呼応しあったんじゃないかと……。

 

あくまで私の勝手に深読みした説です。

なので、上記のリンク記事も含めて、制作している方に聞いてみたら「全然違うよ!」と叱られてしまう解釈かもしれませんが……。