シン・ゴジラとエヴァと踊る大捜査線と

※多少のネタバレも含まれていますので、ご了承くださいませ。

 

シン・ゴジラ』を見て、印象的だったのはこの曲。

 


Neon Genesis Evangelion - Decisive Battle (Experimental Loop)

 

NEON GENESIS EVANGELION

NEON GENESIS EVANGELION

 

 

出演者もエヴァを想像するようなものがありますよということはメディアで言っていましたが、こんなにもエヴァ色強いものがあるとは思いませんでした。

しかも「ヤシマ作戦」を想起させるような流れでかかることの多かったサウンドだったので、なおさらエヴァの空気を濃く感じた気がします。

ただ私はエヴァだけじゃなく、もうひとつよぎったものが……。

それが『踊る大捜査線』。

というのも

テレビシリーズでBGMとして、アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の戦闘シーン「DECISIVE BATTLE」「Spending Time in Preparation」のアレンジを使用している。番組の音響担当者がエヴァ製作者に了解を得て製作した。(DVD「踊る大捜査線1」より)

踊る大捜査線 - Wikipedia

ここにある通り、『踊る大捜査線』もエヴァのBGMを使っていたから。

※『踊る〜』では「危機一髪」というタイトルで収録。

踊る大捜査線 オリジナル・サウンドトラック2

踊る大捜査線 オリジナル・サウンドトラック2

 

このサウンドは、『躍る〜』では会議室で捜査の作戦を立てている場面でかっていたことが多かった気が。

そして『シン・ゴジラ』でも同じような場面であのBGMが流れていました。

ちなみに『躍る〜』のDVD1巻の中にはこのようなコメントがあります。

この印象的なBGMはアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』の劇中曲の転用。ビデオ化の際、曲の差し替えが検討されたが、『エヴァ』の庵野秀明監督が『踊る』の大ファンであったことから使用許可が下りた。

(『踊る大捜査線』DVD1 解説付再生より)

 

庵野監督が『躍る〜』のファンだったことを考えると、特に会議シーンは『踊る大捜査線』を逆輸入的にオマージュしているようにも感じられるのです。

しかも、トップダウン型の組織体制を皮肉に描いている部分があるところも、『踊る〜』に共通している部分のようにも思えます。

まさか『シン・ゴジラ』から『躍る〜』を思い出すとは思いませんでしたが、そんな要素もあると思って見たり、見返してみたら作品をより味わえる気がします。